スマックサーフボード - 四国のサーフボードファクトリー「SMAC SURFBOARD」

スマックサーフボード

SMACブログ

四国のサーフボードファクトリー”SMAC SURFBOARD(スマックサーフボード)”がお届けするブログです。

沖縄訪問

2008年もスタートしました。
植田です。

私は1月10~16日の日程で2年ぶりの沖縄を訪問してきました。
天気の良い日はシーガルで十分、2日間は良い波にも恵まれ、たまたま日程が重なった『第1回ニューイヤー・ザ・ビーチホテルカップサーフィンコンテスト』にも招待してもらい、沖縄のコンテストを初めて観戦する事が出来ました。

ビーチが少ないこの地はリーフのポイントで潮の多い満潮を挟んだ3~4時間の間に3ポイントを使用し次々にヒートを消化していくというスタイル。
この日、サイズはオーバーへッドと見ごたえのある波で行われ、我がSMACチームではCクラス(ビギナー)でアイランドブレイク沖縄のマエシロ アオイ君(小6)が準優勝!妨害が無ければ優勝だったかも!?
Aクラス(スペシャル)では同じくアイランドブレイク沖縄のミヤハラ アツシ君が見事、優勝を飾る。
そしてキッズクラスでは大阪からエントリーの小学2年生、ノロ カイリ君が会場を沸かす。
彼は初の沖縄リーフを物怖じせず、ホレホレの波をゴーフォーイットしメイク!これが決めてとなったようで、優勝を手に入れた。

OSA(沖縄サーフィン連盟)会長のカズボーを筆頭にザ・ビーチホテルのオーナー高橋さん、富士屋のオオミネさん、仲地悟、等の彼らが大会を通じて沖縄のサーフィン文化を向上させようと真剣に取り組んでいる姿(彼等には普段は飲まない酒を飲まされ、フラフラにさせられる日もありましたが・・)を見ることで、今回はサーフィンで良い波に乗るよりもこの大会を通して得るものの方が大きな収穫となり、私自身、久しぶりに熱いものを感じさせてもらったトリップとなりました。



☆ SMACニュース☆

2月に横浜で開催するインタースタイルには2ブースにわたりSMACサーフボード・トムパリッシュサーフボード等のボードブランドを展示することが決定。
来場予定の方は是非、足をお運び下さい。

トムパリッシュはハワイ・マウイ島在住のシェイパーで、私がハワイに通いだした20才当時、
既に世界のトップシェイパー(ライトニングボルトサーフボード)でジェリー・ロペス、ラビット、イアン・カーンズ、マーク・リチャーズ、等のトップサーファーの乗るボードを手がけ、自分達は中々手にすることが出来ないほどの人気を誇るシェイパーで、同世代のサーファーなら知らない者はいないでしょう。USAサーフィン雑誌の取材なども自ら受けることなく己のシェイプ道をひたすら突き進んできたことでも有名。また弁護士資格も持ち合わせるなど多彩な面も。

ミドルレンジボード~ロング、トランジッションボードをメインにシェイプを続け今も世界中にコアなファンを多く持つ。

5月に待望の来日を予定し、私も心待ちにしている。
詳しくはSMACディラーにインフォメーションを流す予定なのでチェックをして下さい。

FU6[1].jpg

パビリオンサーフ徳島 ノロ カイリ君

近況&ニュース

植田です。
暮れもおしせまり本格的に寒くなってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今年最後のブログになる今回はライダー、ファクトリーマンの近況&ニュースをお伝えしたいと思います。

今年度のJPSAグランドチャンプを決めた数日後にハワイへ飛び立った林健太。帰国後の今はプロモーションや波乗りを兼ねて日本のあちこちを飛び回っています。
先日は『なみある?サーファーズ・アワード』にも選出され東京・銀座にも出向いていました。

湘南藤沢の河村海沙は12月初旬よりハワイノースショアへと旅立ち、今頃はビックウェーブアタックを繰り返している頃でしょう。

年明け早々にオーストラリアへ旅たつのは仙台の小嶋翼・海生兄弟。
1月下旬、昨年メンタル面で健太に大きな影響を与えた大鵬氏率いるオーストラリア・クーランガッタのSMACハウスには、林健太&亨・小椋暁人・佐藤魁・その他関西キッズ達が滞在する。
林健太、間屋口香はその後、WQSコンテスト参戦の為、オーストラリアをラウンド。

そして私、植田は年明け10日頃から沖縄へ、その後、ハワイ・マウイ島へと旅立ちの予定がありどちらも大変楽しみで良い波に乗ってきたいと考えています。

ファクトリー関係では田中キョウイチは息子、海周と共に12月中旬から約1ヶ月程、ハワイ・ノースへ。大河マサミツは健太らと共にオーストラリア。
去年四国の東面をお遍路で回った小林マサアキ。今年は西面を計画中。
中田ひさしはファクトリーに残り、竹内エイジもシェイプやボード研究を継続。

比較的ボードオーダーの空くこの時期はカスタムシェイプのオーダーにとって絶好の時期とも言えますね。


ファクトリーでは今年、EPSの研究にもかなり取り組んできました。その甲斐がありクオリティーの高いサーフボードを来年、自信を持って多くのユーザーの皆さんへ提供出来ることとなりました。
健太、香の両プロからも大好評です。
(このEPSボードはドン・ジョンストン、竹内エイジ、大橋勧の各SMACシェイパーからオーダー可能になります。)


ライダーの今年は大活躍の健太やプロに転向した小嶋翼に続けとばかりに各地のアマチュアライダーも目立っていました。ここ最近急成長中の小嶋海生や石田銀二、佐藤魁などは来年の全日本アマチュアタイトルを取ってくれることでしょう。
これもまた楽しみです。


最後にSMACサーフボード、ユーザー、ディーラーの皆様へ。

本年もご愛好賜り誠にありがとうございました。

11月に移転したファクトリーも本格的に始動を開始致しました。これからもクオリティーの高い信頼できるサーフボードを提供していきたいと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


SMAC サーフボード  代表 植田 昌宏

河村海沙

いよいよ寒くなってきました日本海シーズン到来ですね!
植田です。

今、私はレインボーカップの見学がてら福井県にお邪魔してます。その後、レインボーのビッグウェイブを狙って少し滞在してみようかなと考えています。(本当はカニを食べにいくんですが)。

おかげさまで新しいファクトリーが11月29日大安に完成します。日本一のサーフボードメーカーを目指しているサウスボーダーにふさわしいファクトリーが出来上がったと満足しています。外観もカントリースタイルで渋く決めてみました。もちろん内部はファクトリーマンが働きやすいレイアウトに仕上がっています。11月4日に決まったケンタのグランドチャンプパーティーと一緒に関係者だけでファクトリーオープンパーティーをやらせてもらいます。
嬉しいかぎりです。これからも一生懸命サーフィンしていきます。

さて、今回紹介するうちとこのライダーは湘南鵠沼出身の河村海沙です。
カイサはプロロングボーダーで元チャンピオンの河村正美の長男で弟が1人います。もちろん弟もサーフィンに夢中です。
カイサに最初に会ったのは2年前に鵠沼で開催されたNSA全日本選手権の会場でした。この時の大会でカイサはジュニア3位でしたが、サーフィンが大きく、動きがしなやかで柔らかいところに注目してたんです。それからしばらくして鵠沼にあるショップ『THE USA SURF』のケンボーから改めてライダーにどうかという話をもらい、鵠沼の全日本で実力は見ていたので、それならと2つ返事でライダーになってもらいました。
それから2年が経ち、今ではすっかりチームにとけ込んでくれました。
今年の夏はチームメイトの田中海舟の家にずっとステイしていて、18歳になったことで自動車免許も海部の教習所でもらってきました。今の目標はとにかくプロテストに合格することだと本人も自覚しています。

海沙のバックサイドリエントリーはボードの返しがスタイリッシュで私は大いに気に入っています。フロントサイドでのアクションにもっと磨きをかけて勝てるプロになって欲しい。それがカイサに対する私の願いです。

サーフィンが大好きで、ビッグウェイブにもやる気満々。
その2つで、私とカイサの年はずっと離れていますがサーファーとしてお互いに認めあった存在でもあります。

サーフィンの楽しさはいくつになっても同じですね。

                        SMAC サーフボード  代表 植田 昌宏


☆☆☆ニュース☆☆☆

11月17日~18日 福島県北泉海岸にて行われた『NSA GRAND CHAMPION GAMES』が開催されました。この大会はISA世界ジュニア選手権・選考会も兼ねており、SMAC、SOUL RIDERSのティームライダー達も選出されました!

『NSA GRAND CHAMPION GAMES』大会結果
Kids-CLASS
準優勝 佐藤 魁 湘南茅ヶ崎 (SMAC)

MEN’S OPEN-CLASS
準優勝 小嶋 海生 宮城仙台 (SMAC)

【2008年度ISA世界選手権 日本代表】
(10月 開催地:ポルトガル)
メンスオープン 4名
小嶋 海生 オジマ カイ 宮城仙台 (SMAC)    

【2008年度ISA世界ジュニア選手権 日本代表】
(5月 開催地:フランス)  
U-16 4名
選手名 フリガナ 所属支部
小嶋 海生 オジマ カイ 宮城仙台(SMAC)
田中 海周 タナカ カイシュウ 徳 島(SOUL RIDERS)
小椋 暁人 コムク アキト 大 阪(SOUL RIDERS)
補欠2位 石田 銀二 イシダ ギンジ 湘南藤沢(SMAC)

U-18 4名
補欠2位 栗須 禅 クリス ユズル 徳 島(SMAC)

小嶋 海生君は2大会の代表選手と大活躍!
世界ジュニアU-16は代表選手4名中3名がティーム!

世界戦でも活躍を期待しています。応援宜しくお願い致します!!

写真:海沙!!

kaisa小さい.jpg

グランドチャンピオン!!

お久しぶり、植田です。
皆さんおげんきですか。

わたしはファクトリーのリニューアルに向けて毎日忙しくしています。場所は宍喰の那佐(ナサ)になります。11月中旬が完成予定なので、日夜、大工さんに変身して汗を流しています。

海部は砂があがるまでは1日1回は波乗りができていましたけど、2週間前にとうとう砂が上がってしまって・・。ぼちぼち冬になってきたな。そんな感じです。
年内は日本海を狙ってみたいので、ソングさん、よろしく!

遂に、うちのティームライダー『ケンタ』がやってくれました。グランドチャンピオンになりました!カオリは惜しくも3位でしたが、来年は再びグランドチャンピオン目指してがんばることでしょう。

ケンタは、バリでの第1戦が不調に終わったが、次の第2戦千葉で優勝。その後で四国に戻ってきたときでした。

『グランドチャンピオンを狙います。』

そうはっきりと私に言ってくれたのです。その約束を私は信じていました。第3戦四国の生見はセミファイナルで負けて3位。続く第4戦仙台は準優勝でランキングは2位。グランドチャンピオン争いを鉄兵との最終戦に持ち込んだ末に最後の最後で大逆転。
粘りがすごい。絶対にあきらめなかったケンタが『チャンピオン』だった。

カオリはスモールサイズが続いた今年のJPSAシリーズについていけなかったようだ。しかし実力はトップ。まずここは最終戦でカオリを破ってチャンピオンをもぎとった絵里菜を褒めておこう。

来年はカオリの再チャレンジ。ケンタの2連覇。二人とも大変に難しいシュチュエーションだけどおおいに期待しています。

さて、もう少しケンタのつづきです。
私がケンタを見ていたところ、一昨年、去年、今年と、ケンタはよりリラックスして無理のないサーフィンを見せるようになりました。体のコンディションも自分でコントロールできるようにもなったようです。海部の混雑を避けて、自分のジェットでシークレットに行って練習、自分のサーフィンに集中できる環境を作り出していました。生見や尾崎では真っ暗になる日没30分前の海に入っては、その30分間をフル稼働で波に乗る。そんな見えない努力を毎日繰り返していました。

チャンピオンを決めた最終戦の茨城は四国で本人からの報告を待っていたのですが、その時間の長かったこと・・。

「チャンピオン、決めました」。

電話でケンタの声を聞いたとたん熱い気持ちが胸にあふれて泣けてきました。
ケンタ、ありがとう!

                       SMAC サーフボード  代表 植田 昌宏



写真はJPSAより

2007_5_27[1].jpg

JPSA第4戦

先日、行われたJPSA第4戦「HIACE ALL JAPAN PRO 仙台」は波のサイズ、コシ~ハラ。風は南東のオンショア。パワーなく割れる波の選択が勝敗を分けるヒート展開だったようです。

TEAM『S.M.A.C』の結果

前回のプロテストで合格し、地元ロコシードでラウンド3から登場の小嶋翼は惜しくも3位敗退。

現在、レディースランキング2位につける間屋口香は惜しくもクォーターで敗退。

メンズファイナリストに勝ち上がった林健太は準優勝!!


結果
男子優勝/田嶋 鉄兵  2位/林 健太  3位/浦山 哲也  4位/原田 正規
女子優勝/橋本 小百合 AM  

次回、10月18~21日に開催される最終戦「I.S.U 茨城サーフィンクラシック GOTCHA・G-LAND カップ」で混戦のグランドチャンプ争いに決着。

林・間屋口の両プロは第4戦終了時でランク第2位に付けているので是非ともがんばってほしい。

会場近くにお住まいの方は応援宜しくお願い致します!!



雑誌広告で告知し多くの問い合わせを頂いている『ARMOR”カブト”モデル』がそろそろアップされるされます。もう少々お待ち下さい!!

ARMOR MODEL-KS (ケンタ スタンダード)
ARMOR MODEL-KE (ケンタ イーピーエス)
ARMOR MODEL-KF(ケンタ フィシュ)

ARMOR MODEL-KSを簡単に紹介させていただきます。
両ロッカーともにキツめのロッカー設定でノーズ・テールエリアはやや薄くシェイプされる。ローボキシーレールでディープシングルコンケーブがセッティング。

価格は ~6’6”が¥13、1250~
全てのモデルにカブトのディケルが入ります!

お問い合わせはお近くのディーラーまたはメールにてお願い致します。
コンテストや完成度の高いエアーで注目される健太”カブト”モデルを是非、お試し下さい!!

2007_4_03[1].jpg
写真はJPSAより
Calendar
<< February 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75
Copyright(c) SMAC SURFBOARD. All Rights Reserved.