スマックサーフボード - 四国のサーフボードファクトリー「SMAC SURFBOARD」

スマックサーフボード

SMACブログ

四国のサーフボードファクトリー”SMAC SURFBOARD(スマックサーフボード)”がお届けするブログです。

夏モード

お久しぶりです。
植田です。
梅雨も明け、台風も発生し完全に夏モードに入りました。いかがお過ごしですか?
私はというと、小さいながら生見で波乗りを楽しんでいます。
この時期は毎年、四国に大雨を降らせる梅雨前線が河口の地形をパーフェクトの整えてくれていますが、今年は九州北部や山陰地方に停滞したなどの影響で私の地域は雨が少なく海部も地形が悪いまま。これから来る台風が何とかしてくれることに期待しています。

シェイパーのニュースでは、チャンネルボトムの考案者で世界的に有名なオーストラリア出身のアラン・バーンが加わりました。
あのケリーも数年前のコンテストを休止していた時期には頻繁にアラン・バーンの6チャンネルボトムのボードを使用して雑誌に出ていました。
先日の来日シェイプの時も完成度は素晴らしく、地方のローカルサーファーからもオーダーを頂き、私も早速6‘8“の6チャンネルボトムをオーダーしました。
河口の良い波が待ち遠しいです!
彼はそれ以外にも今流行のミニボード等、テンプレートを多く持っているので次回はケンタにも多くテストしてもらおうと考えています。
オーダーを逃した方は今回、ストックボード分でシェイプしたブランクスをSMACホームページのストックボードリストにアップするのでチェックして下さい。
ブラシオーダー可能です。
プライス等はディーラーさんにお問い合わせ下さい。

ケンタは先日の静波のロングボードコンテストでセミファイナル進出し、プロ資格をゲット! 彼なりには、かなり良い手応えを感じ、『サーキット全戦を回れば上位に食い込んでいけると思う』と、話してたが今年は再度グランドチャンプ奪取の為(ショートボード)そちらに焦点を絞って後半戦を戦う予定です。

香は前回にお伝えしたマウイ行きを残念ながらキャンセルし、その代わりにお笑い芸人『笑い飯』とサーフィンスクールのテレビ取材や雑誌で坂口憲二との対談を兼ねた取材などをこなしていました。

アマチュアのライダー達は、オークリーのコンテストを皮切りに今年も夏休みを利用して全国のコンテストにエントリーしているようです。
最近の面白い所では、プラスエスのコンテストで大阪の西3兄弟の末っ子ユウジ君(プラスエス所属)が兄の2人を抑えて優勝!
また、パビリオン所属の野呂カイリ君は、千葉修行の帰りが遅れ、四国であったオニールの大会にギリギリ間に合わない・・・などのニュース!?が。
夏休み最後のNSA全日本では連覇やリベンジと、それぞれに目標を持って表彰台を目指して頑張って欲しい!

それでは、また。


シェイプルーム

この春よりスーパースモールウェーブ用のボードデザイン


e-beanを開発しシェイプする、シェイパー竹内栄治。
eiji.JPG


日夜、忙しくシェープに励んでおります。

梅雨も真っ只中

お久しぶりです。
植田です。

梅雨も真っ只中、私のホームも波が無いので台風シーズンを待ちながら日夜仕事に励んでいます。

みなさんはいかがお過ごしですか?

チームライダーのケンタは、次のロングボードプロトライアル(第2戦目)に向けて練習に励んでいます。
第1戦の千倉の大会ではエントリーをしていましたが、その2週間前に行われたバリ・クラマス(ショートボード)の大会や取材など忙しい日々をおくったこともあってか、熱病にかかってしまい残念ながら欠場。
今回は準備万端!
いい結果を期待しています。

香はコンペを引退した後もショップやスークールなどで時には忙しく走り回ってます。
7月の中旬頃から香がサーフィンを始めたきっかけでもあるマウイ島へ取材も兼ねてトリップ予定とも言っていました。(彼女のショップの名前パビリオンはマウイ島のサーフポイント・ホキーパのインサイドにある初心者でも楽しめるビーチエリアの名前から由来されている)

アマチュアでは宮崎のショウゴが第2戦の千葉マルキで。湘南のカイサがバリ・クラマスと千葉マルキの両方で、プロ公認ラウンドで惜しくも敗退と、もう一歩のところまで勝ち上がりを見せています。
トライアル最終戦の茨城で夢をかなえてほしい。

高校生以下の世代ではカイ、ギンジ、ガイ、アキト等が夏の全日本に向けて支部予選を順調に勝ち進んでいます。
彼ら以外にも本戦出場を決めた選手が多くいるので頑張ってほしい!

ファクトリーニュースとして、エイジのニューモデルE-BEANがリリース。
今月号のサーフィンライフにも各メーカー・ボード試乗レポートで紹介され、問い合わせを頂いていますが、主にヒザ・コシの波をいかに楽しくサーフィンをするかというコンセプトのもと開発しました。
ショートボードの乗り味を残した、スーパースモールウェーブでも、存分に遊べるボードです。
是非、ニューモデル『E-BEAN』を試してみてください。


最後に最近感じたことを。
私はこのブログで、コンペティションで活躍するライダー達を中心に書かせてもらっています。
その世界で活躍するプロライダーやこれからの世代やキッズが夢に向かって頑張る姿を見て大変嬉しくそして、頼もしく思います。ただ、これとは別に私の本心としては全くの逆の方向へ向かっている感じがしています。
これは今になって思ったことではないのですがサーフィンは競技的な一面もありますが、それだけでは無く、言葉では言い表せない特別な何かを得る為に一人で海向かうという一面もあるかと思います。
それをここ最近の週末の混雑ぶりをみて再確認してしまいました。
競争での波の取り合いや、自分の思ったライン取りもままならないホームの海にちょっとがっかりしています。
そう言う私も、波を求めて各地へ旅を繰り返していますが、少なくとも雰囲気やリズムを見て、コミュニケーションをとりながらゆっくりと楽しませてもらっています。

サーフボードを作る側の人間としては矛盾する所があるかと思いますが、一人でも多くのグッドサーファーが育ってくれると素晴らしいなと思います。

banksライダーの村田恵司がカムバックしました。

画像.jpg
※ 生年月日  (1992年 4月18日 生まれ)
※ ホームポイント  (海部・八丁浜・)
※ 身長  (173CM)   
※ 体重  (60KG) 
※ ボードサイズ  (5'10" × 18 1/16" × 2 1/8")
※ スポンサー 
「SMAC / RIP CURL / Vonzipper / NIXON / C1RCA SHOES /CREATURES of LEISURE / C&A大西接骨院 / BANKS SURF CENTER 」



※ 戦歴

<2003年戦歴:11歳>

※ オーストラリア(2003年ビラボンプロジュニア:(U-12)       9位
※ サーフィンオーストラリア:プロジュニア    : (U-12)        3位
※ VOLCOM : VQS            (U-14)        2位
※ BANKS CUP               オープンクラス       優勝
*****************************************************************
<2004年戦歴:12歳>

※ 2004年度:NSA西日本京都支部予選   ボーイズクラス     優勝 
※ 2004年度:NSA公認:西日本選手権大会 ボーイズクラス     3位
*****************************************************************
<2005年:13歳>

※ 2005年度NSA西日本京都支部予選    ボーイズクラス    優勝
※ ムーブスカップ                  スペシャルクラス    2位
※ サーフアップカップ                スペシャルクラス 2位
※ 2005年:NSA公認:西日本選手権大会 ボーイズクラス      3位
※ JPSA:プロジュニア四国生見          プロジュニア 2位
******************************************************************
<2006年:14歳>  

※ ASP:ASP:ビラボンプロTEENプロ      プロジュニア     97位
※ ASP:WQS:2☆:福島              WQS:MEN    65位
※ ASP:プロジュニア:日向         ケガの為:プロジュニア   25位
※ ASP:プロジュニア:イラゴ             プロジュニア    25位
*******************************************************************
<2007年:15歳>

オーストラリア留学中
※ ASP:WQS:4☆:オーストラリア       WQS:MEN     113位
※ ASP:WQS:4☆:オーストラリア       WQS:MEN     113位
※ ASP:WQS:4☆:オーストラリア       WQS:MEN     113位
※ ASP:プロジュニア:オーストラリア      プロジュニア      67位
********************************************************************
2008年:WQS:メンズ:ジャパンツアー最終ランキング・・・・・61位
<2008年:16歳>

※ ASP:WQS:6☆夢屋タハラプロ        WQS:MEN   121位
********************************************************************
※ コメント

自分が中学を卒業するまで住んでいた四国・海部川の波は最高で1番好きなポイントです。

今後の活動はハワイのワイメア・サンセット・バックドアーを中心に世界の良い波を乗り
続けて行きたいです。



01.jpg1 1.jpg 012.jpg
013.jpg
014.jpg


『ビッグウェーブに焦点を合わせて去年、一昨年と2年間ハワイ・ノースショアにアタックしてきている。 今後の活躍も期待しています!!』

ケンタと種子島へ

植田です。

先月のファクトリーコンテストにエントリーされたみなさんお疲れ様でした。
また、多くの協賛ありがとうございました。


私は久しぶりにケンタと、ケンタの運転で、約7年ぶりにケンタと種子島へのワンオンマンの旅をしてきました。
高速料金は週末の割引で徳島から約2,000円、驚きです!

私はケンタやカオリがまだアマチュア時代の頃、約4年間、彼らの試合の度にドライバーとして活躍してきましたが、彼が大人になった今、瀬戸大橋を越えたあたりから運転を任せ、私は車のバックシートで睡眠にいそしみ、気づけば宮崎!!
こんなによく寝て、ラク~に到着したのは初めてで、ケンタの成長に驚かされると共に、一人立ちしたケンタが頼もしく、嬉しさが込み上げました。
また、ブログでは公表できないような大人同士の会話も盛り上がり・・

途中の宮崎ではいい波にあたったものの、今回の種子島では台風2号のウネリを期待してましたが残念ながらのスモールディション。
また次回の訪問を楽しみにしています!


ちなみに5月12日の行動
今朝は潮の時間帯も悪かったので、日本海水浴場八十八選のひとつでもある、浦田海水浴場にて、シュノーケル&スイムトレーニング。
潮回りも良好になった午後は、リーフポイントにて腰ぐらいの、貸し切りファンウェーブを満喫。


最後になりますが、ケンタに種子島の感想を聞いてみました。

今年に入って3回目の種子島です。
この島は、最近とてもお気に入りの場所で、営業?も兼ねて、サーフィン&トレーニングをしに来ています。
BALIの大会前も、種子島に2週間こもり、ダラけた?!生活をしつつも(笑)、この島の温かく優しい空気感に浸り、サーフィンを心からエンジョイすることができました。
そのおかげか、BALIでの試合も絶好調で、優勝することができ、SMACのディーラーでもあるショップ『Island Paradise種子島』のポリシー!「エンジョイサーフィン」が身を結ぶ結果となりました!

【ケンタ今後の予定】
・5月21日~
 JPSA 千葉大会
・7月上旬
 メンタワイ 雑誌取材
【現在の使用ボード】
・スタンダード・5‘9クワッド(トライフィンに近いセッティング)


IMGP1302.JPG

ケンタとIP種子島ガク



IMGP1236.JPG

浦田海水浴場
Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81
Copyright(c) SMAC SURFBOARD. All Rights Reserved.