スマックサーフボード - 四国のサーフボードファクトリー「SMAC SURFBOARD」

スマックサーフボード

SMACブログ

四国のサーフボードファクトリー”SMAC SURFBOARD(スマックサーフボード)”がお届けするブログです。

SMACニュース

SMACニュース!!

間屋口香プロは先日の南アフリカ・ダーバンで開催された、WQSウィメンズ5☆イヴェント『Mr.Price Pro』に出場。
R24まで勝ち進み19位でフニッシュ。
今後さらに期待です!!
応援よろしくお願いします!!!


ドン・ジョンストン来日!!!
8月末までの滞在予定。
モデルの1つを紹介。

モデル:モダンクラッシック
80年代のアウトライン(トライフィン)を現代風にアレンジ。十分な浮力にオプションでイーグルノーズ&ウィングをオーダーすれば最高にファンなショートボードがあがってきます!
(詳しいプロフはシェイパー紹介を見てください)


オーストラリアから!!!
7月26日に新鋭シェイパーのマット・アボットが自身のライダーと共に来日予定。
ライダーはWQS6☆田原プロに出場するそうです。お近くの方は応援がてらボードチェックをお忘れなく。

只今、限定30本のオーダーを受付中!!!
(詳しいプロフはシェイパー紹介を見てください)


先日のJPSA第2戦 Beach Sound プロ優勝した林健太プロは地元高知のリバーマウスで待機中との情報。
ボスもあるエリアへ向かっているさきからの電話!!!


ボス植田氏のブログ(香チャン編)は、この台風4号が過ぎ去る20日頃のアップを予定しているようです。

台風の上陸は勘弁ですね・・・

写真:ドンさんシェイプのモダンクラッシック

SBT1D.jpg

SMAC スタイル

SMACサーフボードも今になってホームページができました。
インターネットの波で一人でも多くのサーファー&ガールズにSMAC サーフボードからのメッセージが伝えられたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

四国でサーフィンしながらサーフボードを作る。それが私達SMACサーフボードのスタイルでありメッセージでもあります。
サーフィンを愛している本物のサーファーがサーフボードを作るというクラフトマンシップを大切にする。そんなサーフィンスタイルの素晴らしさとマインドの深さも知ってもらいたくてホームページをスタートすることにしました。

サーフボードについてはもちろん、サーフトリップ、ライダーとの出会いや交流、コンテストリポート、時代の流れなど、サーフィンについて自分の考えていることを述べていきたいと考えています。

まず最初に今ではSMACプロチームの稼ぎ頭となってくれている林健太との出会いから紹介します。

健太とは私のチームへ入ることが決まった時のことが今も強く印象に残っています。
グッドサーファーを自分のチームに入れることができた。そのことが嬉しかったのです。当時は辻裕次郎、一楽ヒロ、仲野仁人と四国ボーイズ達が頭角を表してきた時期でSMACにも強力な若手が欲しかったということもあります。なので、その時の自分の行動にも健太が欲しいという気持ちが入っていました。

雑誌の取材を終えたばかりの沖縄から車をフェリーに乗せて鹿児島まで24時間。そして鹿児島から四国へと国道からフェリーを乗り継いで12時間。合計で丸々36時間を掛けて高知の健太の実家に急行し、両親を尋ねて挨拶させてもらいました。

そこで健太がチーム入りする話が正式に決まったのです。

健太がサーフボードのスポンサーを探していると沖縄で聞きつけ、これはチャンスだと思って急いで車を走らせた懐かしい思い出です。

もちろんそのずっと前から健太の成長は陰ながらじっと見守ってきました。最初に健太を見たのは尾崎ビーチで遊んでいる姿です。健太が小学校の低学年だった時分です。それが小学5年生くらいになってから父親と母親と一緒にボードでパドリングを始めました。
そして次の年の夏にはちゃんとサーフできるようになって、中学2年の時NSA全日本選手権でボーイズチャンピオンに輝きました。
この時すでに健太は言葉遣いや話をしているときの姿勢も良くて子供なのにしっかりとしたサーファーに成長していたから感心です。

そしてその翌年2000年冬の2月から正式にSMACチームの一員となりました。

それからの活躍はご存知の通り。メキメキと腕をあげ、伊良湖で開催されたジュニアオープンU16クラスで2位になったのを皮切りに、同じ年バリで開催された世界ジュニア選手権のU16クラスで世界4位になって驚かせてくれました。そして翌2001年にはNSA全日本選手権ジュニア優勝。輝かしい戦歴を経て2003年に19歳でプロへと転向しました。

そしてつい先月、千葉県鴨川市で開催されたJPSA第2戦Beach Sound プロで優勝。

私もその瞬間を同じビーチにいて喜びと感動を味あわせてもらいました。それはそれは見事な優勝で、健太が勝つためにどれだけ集中して、コンディションがベストになるよう気を使っているかをしっかりと見させてもらいました。とくに勝ち上がるにつれて自分の気持ちのもって行き方が素晴らしかった。勝てるというときはリズムも良くなるし態度に出るものです。

昔、最初に健太に会った頃は、物静かな子供という印象でしたが、今はアピールするし良く喋るしギャグも飛ばすようにもなり、頼もしい感じがします。

シェイパーとのコミュニケーションというプロライダーとしての仕事も、ハワイなどビッグウェイブ用はドン・ジョンソン、日本のコンテスト用は竹内栄治と、SMACのシェイパー2人と密接なリレーションシップでサーフボードのチューニングに励んでいます。

サーフィンに熱心でセンスもあり、ずば抜けた運動神経の持ち主である健太。今年こそ健太にグランドチャンピオンを獲得してほしい。そしてプロサーフィンの世界の頂点であるWCTに少しでも早く近づいていって欲しいと願っています。

さて、次回は7月中旬ごろに、私と間屋口香との出会いについてお伝えしましょう。
お楽しみに! 


                  SMAC サーフボード  代表 植田 昌宏

kenta.jpg

お待たせいたしました

本日、S.M.A.Cサーフボードのサイトをオープンしました。
今後は準備中の動画やストックボードなども充実して行きたいと思います。
よろしくお願い致します。

__062046kenta.CR2.jpg

JPSAショートボード第1戦

ショートボード第1戦ガルーダ・トラベルシーンプロが先日終了しました。
SMACライダーの間屋口 香プロが優勝、親善試合では林 健太プロが優勝しました!

もうすぐオープン

SMACサーフボードのページがもうすぐオープンします。
チームSMACの情報や、動画配信、ストックボード情報など更新して行きますのでお楽しみに!
Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91
Copyright(c) SMAC SURFBOARD. All Rights Reserved.