スマックサーフボード - 四国のサーフボードファクトリー「SMAC SURFBOARD」

スマックサーフボード

SMACブログ

四国のサーフボードファクトリー”SMAC SURFBOARD(スマックサーフボード)”がお届けするブログです。

面白い記事を見つけました。

C1021F7C-8564-4360-8B38-8E2FF4F74601.jpeg
ハスの花が二つも咲いた。
3年ぶりかも。
一期生が来るようになってからかなあ。(苦笑)そんな事はないか(苦笑)

946E5F2F-9149-4B1B-BC97-B953305BEA62.jpeg
三連休の なか日に植田キッチンで、晩御飯 ミーティングで面白い晩御飯を頂いた。

そこで シュージ、ゆうじ兄さんのスポンサーの話になり 面白い記事を見つけました。




日本と世界のサーフィン競技人口と、サーファーの収入
サーフィン競技人口
サーフィンの競技人口は、実数を把握することが難しいのですが、各協会の発表を見ると、世界では3,500万人、そのうち競技人口は350万人と言われています。日本国内を見ると200万人、そのうち競技人口は20万人とされています。年々、競技人口が増加しているサーフィン業界ですが、その実情に触れてみたいと思います。

総務省『平成23年社会生活基本調査(生活行動に関する結果)』によると、日本での各スポーツの競技人口は、サッカー600万人、バスケットボール400万人、野球800万人、ゴルフ900万人とされています。これらのメジャースポーツには及びませんが、200万人といわれるサーフィン人口は、かなり高い数字と言えるでしょう。

サーファー年収

サーファーの収入
それではプロサーファーの収入はどうなっているのかというと、野球やサッカーのように高額な収入を得ているのに比べ、日本のプロサーファーは一部のトッププロサーファーを除くとまだ収入は低い状況にあります。海外では(特にオーストラリアやハワイなど)、高額納税者リストに載るプロサーファーも珍しくありません。

(2016WCT賞金ランキング)



世界最高峰のWCTの2016年賞金ランキングでは、ワールドチャンピオンのジョン・ジョン・フローレンスは、大会の賞金だけで年間約4,500万円の報酬を得ています。また世界のプロ、フリーの有名サーファーは、スポンサー契約やCM出演料などにより、億を超える収入があり、メジャースポーツのアスリートと同様な評価を得ています。

しかしながら、日本では国内最大規模の大会で優勝した場合の賞金は約80万円~150万円。国内トップクラスの成績をあげて賞金総額は年間2~300万円前後、女子では更にこの半額程です。スポンサー契約も、ウェットやボードなどの支援、大会参加や移動等の経費、あくまで大会で勝つためのサポート費用程となります。

日本のプロライセンスを発行しているJPSAの公認プロサーファーは、2017年4月現在で、ショートボード男子155名、女子63名、ロングボード男子131名、女子36名で、合格率はわずか2%と、難関と言われる司法試験の5%よりも低い確率。これだけ狭き門をくぐってライセンスを取得したプロサーファーでも、サーフィンだけで生活をすることはなかなか難しい現状。

しかし今後サーフィン市場は拡大して行く兆しがあります。



注目度の高まるサーフィン
サーフィン市場
このような実情からサーフィンは、生業とするには厳しいスポーツだと、ずいぶん前から言われてきました。しかし、2020年東京オリンピックの正式種目に決まったこともあり、世界的にサーフィン業界は注目を浴びてきています。また日本でもオリンピックが千葉で開催され盛り上がっている他、日本人サーファーも今世界で活躍しています。そもそもサーフィンは誰もが1度は興味を持つ魅力的なスポーツです。

国際的な市場調査ネットワーク会社 GIA 社のグローバルレポートによると、サーフィンの世界市場は 2017 年から 132 億ドル (約 1 兆 5,800 万円) 以上に拡大するだろうと予測されています。日本国内でも、明らかに競技人口が増え続けています。

1980年代、日本がバブル景気にあった第1次サーフィンブームは、好景気により個人所得が上がり、サーフィンをひとつのファッション文化として、消費が伸びました。丘サーファーという言葉も生まれ、海に行かないのに、ルーフにサーフボードを乗せている車が六本木辺りにたくさんいた時代です。

時代の流れと共に消費が落ち込み、つい最近まで数々のブランドが廃業に追い込まれました。「Beach Sound」「natural vintage」などの直営店舗を運営していたアートヴィレッヂの経営破綻は、負債総額は39億8000万円にもなります。「波乗達人」「波王」ブランドを展開していたアパレル、ブレイクスルーの破産も、業界に衝撃が走りました。

新たなブームとなりつつある今のサーフィン業界は、過去のブームと同じ形態では通用しません。既存サービスと新規の融合や、サービスIT化やグローバル化の時代に如何にしてブームを起こし定着させるかが、未来のサーフィン業界を左右するのではないでしょうか。

プロサーファーの待遇改善、サーフショップやブランドの増収、地方自治体を含めた環境整備など、様々な問題点、議題があると思います。次のブームはバブルのように無くなるものではなく、なでしこジャパンの宮間選手が言った「文化に」できるかが、日本のサーフィン業界が世界と戦えるレベルになり得るかに繋がることだと思います。




05A558C6-0342-4003-93FC-C72EC323E733.jpeg
この中の一部は私の中では少し敏感に書かれているが、このデータ自体は私たちサーフボードメーカーには 為になる意見だと思い 心してサーフボード作りに励みたいと思います。
Calendar
<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

Copyright(c) SMAC SURFBOARD. All Rights Reserved.